<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 第1回 ブログ | main | 第3回 四季 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログランキング・にほんブログ村へ
 ↑クリック☆

第2回 音楽

2回目のテーマは音楽。特に深い意味はなく、つらつらと。

音を楽しむと書いて音楽。そもそも音楽という概念はいつからあるのだろうか。音楽という概念を生み出した人は誰なのだろう。いつかどこかで耳にしたことがあるような気がするが、忘れてしまった。とりあえず、音楽なんてのを最初に生み出した人に告げよう。あんたは神だ、と。

私は自分の趣味を問われた際、スポーツ・音楽・睡眠と答えることが多い。最近ではブログなんて言うこともあるのだがそれは置いといて。趣味が音楽などといえば、バンドでもやっているのか、はたまた音大にでも通っているのか、素敵なレコードコレクションをお持ちなのかなんて思われそうだ。が、バンドは昔遊びでやってたのだが、ここで言いたいのはそういうのではない。もちろん音大にも通っていない。レコードなんて一枚も持っていない。つまりは、ごくごく普通に音楽が好きなだけだということ。趣味に挙げてしまうほどに。趣味の一つが、音を楽しむこと。誰が何と言おうとも。

音楽が好きだ、と言う人は多い。だから私が音楽を好きだというと、いやいやオレのほうが好きだよ、なんて言われることがある。なんだそれ。音楽は、人それぞれに対して存在するものだ。だから、そういう論争はいらないだろう。でも、そんなちょっとした論争が起こるほど、音楽を好きだとアピールする人は多い。(私は別にアピールしたくはない。)

音楽を嫌いな人もいるかもしれない。でも、音楽を好きな人は多い。多いと思う。それはなぜだろう。人間はなぜ音楽を欲するのか。人間の脳とか、そういう生物学的な理由とかは私には分からない。個人的に思う音楽の力は何だろうか、と。個人的に思う音楽の魅力は何だろうか、と。それもまた、人それぞれ様々なのだろう。では、私にとっての音楽の力は何か。音楽の力、それは心を動かす力だろう。

なんて言えばいいだろう。ある音楽を口ずさむだけで、心が高まる。ある音楽を聴くだけで、体が動く。ある音楽を聴くだけで、涙を流すことができる。ある音楽を聴くだけで、あの時を思い出す。ある音楽を聴くだけで、未来を夢見る。ある音楽に乗せるだけで、思いが伝わる。音楽で、心が、動く。

昔、観て泣いたあの映画。泣いた理由の多くは音楽に起因する。メッセージってのは、音に乗せると届きやすくなる。あの人に伝えたいあの思い、この思い。言葉では伝えられなくても、音に乗せると届けられたりする。音楽の不思議な力だ。昔、運動会の時に音楽がかかっていた。そのせいで、いつもより速く走れている気がした。音楽の力は、不思議だ。最近では、その音楽の力をいろいろなことに利用しようとする動きもある。それは、療法だったり、教育だったり。音楽の不思議な力は、すごい。

いまやどこにでも溢れる音楽。そんな中だからこそ思う。私は、音楽がなかったら生きていけない、と。悲しいけど、生きていけないと思う。これは私だけではないはずだ。この世に生きる多くの人が、音楽なしでは生きられないだろう。この間友人も言っていた。「目を失うよりも、耳を失うほうが怖い」と。もちろんこれは極論だ。目も必要だ。でも、音楽に力をもらい、ここまで生きていた。何度助けられたか、何度心を動かされたか。音楽には、感謝せずにはいられない。

気がつけば鼻歌を口ずさむ今日この頃。一人でもカラオケに行きたくなる今日この頃。久しぶりにギターでも弾いてみようかと思う今日この頃。ふとある現場で童謡を聴いて、涙が出てきた今日この頃。これからもお世話になるだろう音楽。やはりこれからも、私の趣味の一つには音楽を挙げさせてもらう。誰が何と言おうとも。

音を楽しめる私は、幸せだ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 ↑クリック☆

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
 ↑クリック☆
このページの先頭へ